ネタの絞り出し方

 

 

こんにちは 有藤です。

 

今回はどのようにしてブログで書くようなネタを探していくのかというお話をしようと思います。

 

最近、ターゲットをどう絞るかって話をいただくのですが僕の場合はそんなに強く意識して書いているわけじゃない気がします。

 

書きたいものが自然とあればすぐに出てくるものだというニュアンスがあって、

 

それが初めて自分の持っている知識をブログで反映させていくものが一番記事を作るうえで自然の流れです。

 

 

特定の誰かを意識して記事を作ってないし、誰のために役に立ってもらおうかなんて意識が弱いかもしれないです。

素で書いているイメージです。

 

 

とはいえ、そんな記事を作るのもほどほどにしないと痛いポエム記事みたいなものばかりになりますが

 

そうならないように、出来る限りの意識を尽くして文章に意味を持たせた工夫や創意というのがあれば自然と検索ボリュームのある

キーワード盛り込めるし、文章そのものに目的を持たせた書き方というのが出来ます。

 

自分の発信したいものと相手が読みたいものが一致したとに始めた予想以上のアクセスの取れるものが作りやすいというのが

僕が経験している一番多いパターンです。

 

 

 

さてさて、

ただ僕の文面を読むとかなり理系のような書き方はしているので読んでいる人のなかにはつまらないなって覚悟はしているんですね。

素では書いてますが、自分の書きたいことだけ書いているわけじゃないです。

ただの雑談する記事もなかにはありますが、そういう需要がないだろうってくらいはあります。

それで今回の話の趣旨は『ターゲットを意識するとネタは進化』するです。

 

 

何のためにブログを作るのか?

 

このブログ作った目的を一回振り返るとネタが思いつくようになるかと思います。

例えば、人間関係を解消するためのブログだとしたら元々何が目的だったのかコンセプトを掘り下げるんですね。

原点に振り返ると元々書きたかった内容が思い出してくるんです。

 

あなたが専門として書けそうなネタというのが以下の3つのようなことだとします。

○DVについて

○女の子のいじめの性質について

○人間不信のメカニズムはとても奥深いものについて

 

何かサイトコンセプトみたいなものがあると書くネタが思いつくと思います。

 

そういう記事を最初の状態のまま発信できるなら良いのですが

 

そのネタを使えば使うほど『アレッ』ってな感じになっていくものなんですね。

マジメな話30記事更新してきたあたりから自分が思っている以上に反応が薄いときは本当にビビります。

これはコンテンツ作って事ある人にしかわからない経験です。

 

======================

自分の書きたいネタがこんなにも良いもののハズなのに?

 

どうして通用しないんだろう。

=====================

 

こういう余計な思考が回り始めますね確実に。

 

だいたいそんな感じの自分の持っている空気間と

読者が感じている空気間の

 

ギャップって奴ですね。

 

 

それが更なる方向転換をしようと考えるときがどうしてもよぎってきます。

 

そういうのを修正しようとして、

ある時を境の自分が本来掲げていたブログの“軸”となるメインテーマの部分が壊れていくパターンですね。

 

 

 

ブログの文章の質も変わるし、

使うキーワードも変わります。

 

そうなると、サイト内にある記事に不純物があるように感じて気持ち悪くなるものなんですね。

 

 

そのひずみをカバー出来なくなった時にブロガーって終わります。

 

それがブログの寿命なんですね。

 

 

けどブログって自己満足するためにやっているのならそうはなりにくいです。

そういうブログって案外固定ファンがつきやすいのがありますので

 

ビジネス目的でやるのなら、本当に方向転換したいときはそれなりのブログのリニューアルを考えないと経験上

上手くいき難いです。

 

中途半端でやると、50記事、100記事超えて まったく固定ユーザー定着しなかったときは想像以上に地獄を見ると思います。

 

 

もし、過去と現在の使うキーワードの方向性ずれていたら?

 

 

現在系でよく書くネタと当初始めたときのネタを比べると違うなって思ったら、

いったん振り返るほうが良いですね。

 

その方がコンセプトに忠実な記事を書き易くなります。

 

もともとはどういう発信をしたかったんだろうって。

 

ここを乗り越えたら、だいたいどういうブログなのかを再認識することが出来ます。

 

本当に一旦振り返るのは大事です。

 

それと、

同じネタばかり考えると新鮮みがなくなってくるのでどれだけ狭い視野になっているか分析することです。

 

SEOでは想像以上に重複コンテンツって括りで見られることもあるから

そこは水平展開しながら、別次元の要素で他の切り口でブログを書くイメージですね。

 

原点に戻ればいくつかネタが掘り下げる程度の知識が身についたことに気付くかと思うし、

始めたての記事を読んでもっと良い記事作れただろうなぁ。ってなりますきっと

 

 

それでもネタが出てこなくなったら

 

外にでてリラックスすることが一番です。

 

アイディアというのはアセチルコリンというひらめきホルモンに左右されます。

 

同じ時間で同じ思考をしていたら同じ思考のアイディアにしかならないです。

同じ時間でも違う景色を見ながら考えるとそれなりに異なったアイディアというのが生まれるというものです。

 

それがアセチルコリンという脳内物質による作用が大きいので

柔軟に考えるには一呼吸おく事が大事ってもんです。

 

同じ作業の繰り返しで頭のなかにある固定概念をちょっと和らげたほうが良いときって必ずやってきます。

 

 

今まで歩いてことない所に行ったり、あまり手の出さない商品を買ってみたり

冒険しながら歩き回るとひらめき活動が活発化します。

 

ふと考えるとそれが自然と自分の移っている世界感を映し出すときがあるんですね。

 

これをブログに入れると、キーワード選出がだいぶキレッキレになりますのでひらめきは大切に育てることです。

 

 

理屈ではこう言いますが、裏向きで言ってしまえばサボリって重要です。

結局はこれを言いたかったです。

 

作業をしようと思えば、やりたくなくなるし

 

作業をサボろうと思えば、やりたくなる。

 

サボリ上手は集中力の高め方が上手だと言えるんですね。

僕は疲れたとき書店で本をいつも読んでいます。

 

これを知識を育成すると書いて『知育活動』の一環としてたまーにやるんですね。

 

サボり効果も得る、知識も得られる、それをメルマガのネタとして有効活用する。

一石三鳥です。

本に書いてある情報をインプットすると、どうしても忘れてしまうんですね。

 

定着率をよくするためにレビューするかメルマガの情報配信のネタにする方に使うと非情に情報の定着がしやすくなるんですね。

 

僕もハッピーハッピーだし

 

受信者もハッピーハッピー

 

お互いWINWINの関係になるからそれをサボるというにはあまりにも贅沢です。

 

情報発信の楽しみを知っているから、ここではこの教材をPRします。

特典付きなのでここからどうぞ。

 

通称 西北コンビ!

西川さんと北恵さんが融合した情報商材を実践しながら
たのしく学べるコミュニティーがございます!
詳しくはこちらをクリック↓↓

 

 

ほったらかし推奨委員会 レビュー

 

 

 

どうも、今日も読んでいただきましてありがとうございます。

 

 

 

ネットビジネスやそれ以外の個人で出来るお金稼ぎを
知っているだけで

 

 

普通の人よりは機会損失することが
なく目の前でぽっくりお金が振り込まれることがあるのが個人ビジネスのする一番のメリットなんですよね。

 

こうやって自分は副業に関しては情報発信しておりますし
もしも本気で稼ぎたいと思ったのならまずは知識から自己投資出来るだけのものをこちらの講座から仕入れるのも良いことです。

 

お金が欲しいならまずは行動する必要があるし、
ノウハウが欲しいならまずは知っている人から教えてもらう必要があります。

 

めちゃくちゃを言えば、自己中心的にお金を稼ぐことだけ
に集中するのが結局は大きくお金を稼ぐことに特化した人間になれるとだけ言っておきます。

 

大嫌いな仕事仲間や身内にいるK男、そいつらに
何度もネットビジネスの邪魔をされた話もメルマガに配信しております。

 

負の力をエネルギーに変えるのが工藤拓哉の流儀でも
あり、恨みや劣等などは全てエネルギーに変えましょう。

 

僕はそういうことが出来ない奴を鼻くそほじって
一生社畜人生でも送れば良いと思うのです。

 

過激な文章多いですが、18才以上ならご登録してもOK!

 

メルマガ登録はこちら