我々日本人は副業を認めません!

 

こんにちは 有藤です。

 

今回のテーマは本業と副業について!お話をしようと思います。

 

インターネットビジネスしている人にとって悩むところは

アフィリエイトで稼ぎ続けられるかわからないけど、会社にいって労働時間に割くのは非常にだるいし専業アフィリエイターとして名乗っていいのか

わからないって人がいると思います。

 

専業アフィリエイターになるということはリスクも大きい

 

そもそものお話ですが、サラリーマンを辞めるデメリットは収益がいきなり0円になるということなんです。

そりゃ当然のお話です。

 

いくら今の仕事が嫌いでも悩みどころがかなりディープだと思います。

それに会社員になると縛りが大きいです。

 

今の時代も会社側からして副業している人達って面白くないと言い出す世の中なので

『自分で稼ぐ労力があったらわが社のためにその労力を使ってください!』

 

ってのが会社の組織です。

 

副業を認める会社も確かに増えましたが、上層部や役員はみんな

“副業はやってほしくない”というのが本音なんです。

 

やってほしくない人がもし会社にいたとするなら

人によっては面白くないと思っている連中がいるんです。

 

日本人って凄く閉鎖的な考え方で一人だけ違うことをやっていると叩かれます。

ゆえに一般論に囚われる傾向にあります。

 

 

この思考、実は物凄く危険なんです。

 

副業をバレてしまう可能性があるとすれば大きな報酬を得たり、隠し切れない財産が会社に発覚するときなんですね。

 

そんなときにどのような処遇になるのか?

 

多数決 vs  少数派  という派閥争いをするようになり、

それが結果的に多数派の人達からの心無い扱われ方をするのです。

 

 

サラリーマンをやりながら副業をする人は覚悟してください。

 

多数派の人間をいづれは敵に回すことがあったときほど、厄介な状況は存在しません。

 

一番怖いのは人間なんです。

 

そんな危ないリスクを考えてしまうと身体がすくんでしまいますよね?

 

専業アフィリエイターになる器を持つ

 

自分がどれだけリスクを背負えるのかって器が試されていると解釈しましょう。

 

そもそもインターネットにキャッシュポイントを手に入れるのはアフィリエイトの主な作業現場ですよね。

放っておいてもお金が発生する自動販売機になるのですから

 

何も副業をしていない人達からすれば、アフィリエイトで稼いでいる人は目の仇にされるのがほとんどです。

特に日本人は昔からそうですよ。

 

『他人の不幸は蜜の味』ということわざがあるように、

まず仲間外れには冷たい態度を取り、潰そうとするのがこのご時勢なんです。

 

マウンティングなどを取って高給取りを平等にしたい心理があるのが日本という国の国民性でもあり

いづれは会社員を辞めないと潰されるという宿命にもあるのがここの国の住民性なんです。

 

 

ま!これは友達に聞いた話なんですけどね。

 

有能な人ほど潰されるのは海外から見てはちょっと特殊で、

日本という国は島国なのでどうしても閉鎖的になるんだそうです。

 

みんなで協力しながら先祖達は生き残りそれは今も子孫に受け継いでいる日本

 

争いながらも最終的に食料と土地を手にして来た西洋人

 

 

物理的に性格が違いもあるし

 

周りと同じでない人は排他的になる性質を持っている日本人。

 

 

サラリーマンしながら、アフィリエイトしたいのなら海外移住するのがオススメです。

 

 

雇われ仕事でやっているのと訳が違う

 

アフィリエイトの主な作業は一言で言い切ればキャッシュポイントを踏ませること。

 

これに尽きますね。

 

ブログ広告とか、成約商品のリストなどを拾ってリンクに貼り付ける作業をするのですが

もっと自分のコンテンツの売上げを伸ばすにはたくさんのリンクを踏んでもらわないとなりません。

 

リンクを踏ませるには

人からの信頼関係を集めたり

集客コンテンツをたくさん増やしていくか

 

いずれにしろ、専業アフィリエイトになるためには様々なサイトでリンクを踏ませるための仕掛けを構築する必要があります。

 

アフィリエイトについてまったく知識が0の人が専業になるといったら相当な覚悟を持つと良いです。

サラリーマンを辞めるとすぐにサイフが空っぽになってしまい必要な投資がすぐに出来なくなるので

ある程度収益を丸かじり出来るようになってから専業化すると良いですね。

 

 

アフィリエイトをするということはある意味じゃ等価交換の法則です。

 

収益が稼げれば稼ぐほど会社員としての信頼性が下がり

副業に興味がなければないほど手厚い支援をしてもらい易くなる。

 

っと言ったところでしょうかね?

 

ならば、ある程度収益を伸ばせるようになったらすぱっと

お勤め先の会社とオサラバですね。

 

 

副業に関して閉鎖的なのは理由がある

 

日本人が閉鎖的というのはここでは悪い意味で取り上げていますが、

絆を大事にするという文化があります。

 

努力することを美徳

長時間働くことを美徳

自己犠牲することを美徳

 

この3つは日本ならではの価値感です。

たぶんその考え方を失ってしまえばもはや日本人ではありません。

 

僕も日本人だからわかりますが実はこの考え方は凄く大事な価値感だったのです。

海外から見れば異様な光景だと言われているそうですが、うちらのような国はよその国とはまったくもって訳が違うのです

 

そもそも日本は島国であります。

ということは過去の歴史を辿ればいつでも海外からの戦争に巻き込まれる中で生き残ってきたのが現代の日本人なんですよね。

 

アメリカからは常に軍事的圧力に晒され

中国からは経済関係の都合上強気には出られない。

かと言って北朝鮮のような国にはテポドンミサイルを発射されるのは、今までにたいした被害がないから別に問題ではないと言う扱いです。

 

問題にしてしまえば、外交関係はこじれますからね。

いつ空襲されてもおかしくないこの状況で強気に出るほうが不思議なくらいです。

 

話は脱線してしまいましたが、

要は一致団結をして今までのピンチを解決してきたのは日本人ならではのルーツなんです。

 

だからこそ、少数派の意見よりも多数派の意見を尊重される仕組みがあってこそ今までの日本社会が成り立っていると僕は考察しています。

 

個性の持った人間が尊重されないのは残念な点ですが、

今までこの遺伝子を我々現代の僕らが継いでいるのはそんなルーツがあるからであるとも言えます。

 

この社会の成り立ちは現代にとって非常に閉鎖的で住みづらい国だと思いますが、

ご先祖様のこの誇り高い精神性を大事にしたいとも僕は思ってしまいます。

 

 

 

↓ ↓ ↓  有藤のメルマガへ

 

通称 西北コンビ!

西川さんと北恵さんが融合した情報商材を実践しながら
たのしく学べるコミュニティーがございます!
詳しくはこちらをクリック↓↓

 

 

ほったらかし推奨委員会 レビュー

 

 

 

どうも、今日も読んでいただきましてありがとうございます。

 

 

 

ネットビジネスやそれ以外の個人で出来るお金稼ぎを
知っているだけで

 

 

普通の人よりは機会損失することが
なく目の前でぽっくりお金が振り込まれることがあるのが個人ビジネスのする一番のメリットなんですよね。

 

こうやって自分は副業に関しては情報発信しておりますし
もしも本気で稼ぎたいと思ったのならまずは知識から自己投資出来るだけのものをこちらの講座から仕入れるのも良いことです。

 

お金が欲しいならまずは行動する必要があるし、
ノウハウが欲しいならまずは知っている人から教えてもらう必要があります。

 

めちゃくちゃを言えば、自己中心的にお金を稼ぐことだけ
に集中するのが結局は大きくお金を稼ぐことに特化した人間になれるとだけ言っておきます。

 

大嫌いな仕事仲間や身内にいるK男、そいつらに
何度もネットビジネスの邪魔をされた話もメルマガに配信しております。

 

負の力をエネルギーに変えるのが工藤拓哉の流儀でも
あり、恨みや劣等などは全てエネルギーに変えましょう。

 

僕はそういうことが出来ない奴を鼻くそほじって
一生社畜人生でも送れば良いと思うのです。

 

過激な文章多いですが、18才以上ならご登録してもOK!

 

メルマガ登録はこちら