あらゆる共感を生み出すSEO文章 ~シンパシーを呼び起こす方法について~

 

こんにちは 有藤です。

 

インターネットの独自に進歩しすぎて、どういう風なマーケットをイメージすれば集客出来ないのかをこの頃よく考えるかと思います。

 

勿論、ネットビジネスで成功するためには柔軟な思考がほんと大事なんですね。

 

ですけども、始めたばかりでいちいち考えながらブログを更新するとなると相当な思考エネルギーっていうのが消耗すると思います。

 

アフィリエイトのブログ構築というのは凄く難しいんですね。

 

 

ブログ文章シンパシーを向上させるには?(文章攻略術)

 

シンパシーってどういう意味かというと、

個性のある文章なのに、凄く共感してもらえるようなものを指します。

 

 

●記事を作ることをどう日常生活にどう受信アンテナを張り巡らせるのか?

 

●コンテンツを量産するためにどれだけクリエイティブシンキング出来るのか?

 

●十分な睡眠環境に恵まれているのか?

 

 

これが出来るかどうかでまったく、シンパシーの部分がまったく異なります。

そして今回はクリエイティブというテーマにこだわっているので感覚というものをすぐに掴んで、実際に役に立てて欲しいです。

 

 

 

情報をアウトプットするのに事前準備することで感覚に磨きがかかるという意識があれば自然に柔軟性が増します。

良質なアウトプットするためには下準備というものが必要なんですねー。

 

それがインプットするという意味です

 

よく誤解されがちなのが

 

自分がー 自分がーって 一方通行で書いたような文章口調ですね。

 

 

そういうのには一切のシンパシーはありません。

 

そして、文章を書くことに魂を込める意味でも自己セルフイメージというものを高めておきましょう。

 

自信のない文章とは、読み手にとって弱弱しくて文章にエネルギーを感じ取れません。

 

それを考えない人でやるということはもう、無神経で相手に伝えられる文章コマンドというものがないです。

 

それが出来たら文章を作るのは凄く楽勝だということです。

 

ちなみに睡眠不足は絶対にダメです。 これは大きくクリエイティブの部分が下落する要因になるので

 

自分の最高パフォーマンスでライティングするように適切な日常生活を送りましょう。

 

文章に自分の悪い性格など持ち出すな!(SEO攻略術)

 

私はバカだからーっていうのは関係ないです。

 

いいですか?

 

改善すれば必ず自分の文章に自信が持てます。

 

これだけは言い切れますが文章に才能というのはないですし、性格の部分がこうだから自分に向いていないというのもないです。

 

文章ってあらゆる意味で情報を持った言葉で示すもので、自分の個性さえ信じてあげれば文章シンパシーというのは向上します。

 

 

アフィリエイトは情報をアウトプットする比率が高いので、メンタルリズムを意識した考え方を取り入れると効率が上がるんですね。

ひとつだけ作り話をしてみます。

 

テーマは

自分はサイコパス人間

 

使うキーワード

サイコパス、共感しない、自己中心的、嘘つき

 

=====================

僕が持っている性格上でひとつだけ他人にはない特異な部分があります。

 

サイコパス性質なんですね。

 

まぁ、自称なんで実際はそうではないと思いますが。自己中心的で他人に共感したりしにくい体質のことを指します。

 

中学生の頃は空気を吸うようにうそ話をしていました。

 

嘘をつくことに何もためらいはないのもひとつの特徴です。

 

ある日家族から、非情な息子って言われるエピソードがあったんですね。

 

2017年のある日母親が倒れて救急車に搬送されることがありました。

 

僕を含めた家族全員が病気だとわかってます。ですが本人は病気だと自覚してないし、治療するという概念があるのかも怪しい。

 

介護じみたことはしてもらって当たり前だそうで、心配してもらって当たり前。

 

家族は母に振り回されることが多かったんです。ほんと迷惑な性格しています。

 

母が倒れた際、僕は目の前にいたんですよね。

 

『苦しい苦しい』って言っているのですが

 

僕は救急車にも呼ばなかったし、それよりも邪魔だと思いました。

 

滅多に見れるものじゃないのでスマホで撮影しようと一瞬思いましたが、母に恨まれても僕の不利益になったら困るのでさすがにしないでおきましたが

 

ただただ、目に焼き付けるように傍観することにしたんですね。

僕は母にこう言いました
『自業自得だ。死ぬか生きるか自分で選べ。病気じゃないんだろ? 今まで通りオヤジに助けてもらえばいい。 僕は寝ている親父を起こしてもメリットないからあなたが呼ぶんだよ』っと

 

父は異変に気が付いて、救急車呼んでもらいましたが母親は自分が“みじめ”だと泣いていました。

自業自得なのに、泣くだなんてほんと女は怖いなぁ。

早く母がいなくなったらみんなはきっと楽だし病院の治療代くらい浮くだろうなぁ。

 

以降家族みんなからは

 

自己中心的で冷たい人間だと罵られたし

 

自分のされて困るようなことを平気でするサイコパス人間として

偽り無くそういうエピソードは僕にはありました。

 

=====================

 

ただ文章構成としてはこういう使い方も出来ますよね?

 

ですが、僕が本気になればこれくらいのジョーク話はかませます。

 

バカだからーって言うのはなしで以下に、同じ表現を多用しないで執筆するかが大事です。

 

くどいようですが、これは僕が作った話ですからね。

 

 

話をどう演出するかでいくらでも文章は向上する(コピーライティング術)

 

以下に話を面白くするかで文章シンパシーって上昇するなんですね。

僕がイメージとしてやっているのは、本当とシャレの2種類使いつつ

 

自分と他人 どっちも面白いと思える着眼点を元にして文章を書くかを常にイメージしています。

これは一重に感覚なので、僕の真似して出来るかはその人の感性次第ですが

 

さっきのサイコパス人間か~って話の作り手は他人

 

内容を構成したのは僕です。

 

 

つまり、この話はノンフィクションなんですね。作り手は本当に経験したことを語っていたので僕はそれを自分の解釈で書いただけです。

 

ただただリライトして書いただけです。

 

 

アフィリエイト文章術(応用編)

 

アフィリエイトで応用するとすれば

物販でレビュー記事とか書くとき実際の商品をアフィリエイトするときなんかに商品をあたかも使ったかのように書く人いますが、

それは取材して書いているイメージが強いですね。

 

難しく考えちゃいそうですが、これもリライトすればOKです

 

どう知識を変換するかがとても大事で、実際の商品買わなくてもレビュー出来るなら自分の解釈を織り込んで書くとこういう文章が作れるんですね。

それを、センスを呼ぶ人がいますが実際あなたにも自分らしい思考があります。

 

それは個性なので。

インプットした情報をアウトプットする訓練をすれば国語を習わなくてもそれなりの文章が出来ます。

その経験量が蓄積して感覚に変換されるんですね。

 

だから、文章には才能など関係ありません。

 

 

練習あるのみです。

 

通称 西北コンビ!

西川さんと北恵さんが融合した情報商材を実践しながら
たのしく学べるコミュニティーがございます!
詳しくはこちらをクリック↓↓

 

ほったらかし推奨委員会 レビュー

 

 

 

どうも、今日も読んでいただきましてありがとうございます。

 

 

 

ネットビジネスやそれ以外の個人で出来るお金稼ぎを
知っているだけで

 

 

普通の人よりは機会損失することが
なく目の前でぽっくりお金が振り込まれることがあるのが個人ビジネスのする一番のメリットなんですよね。

 

こうやって自分は副業に関しては情報発信しておりますし
もしも本気で稼ぎたいと思ったのならまずは知識から自己投資出来るだけのものをこちらの講座から仕入れるのも良いことです。

 

お金が欲しいならまずは行動する必要があるし、
ノウハウが欲しいならまずは知っている人から教えてもらう必要があります。

 

めちゃくちゃを言えば、自己中心的にお金を稼ぐことだけ
に集中するのが結局は大きくお金を稼ぐことに特化した人間になれるとだけ言っておきます。

 

大嫌いな仕事仲間や身内にいるK男、そいつらに
何度もネットビジネスの邪魔をされた話もメルマガに配信しております。

 

負の力をエネルギーに変えるのが工藤拓哉の流儀でも
あり、恨みや劣等などは全てエネルギーに変えましょう。

 

僕はそういうことが出来ない奴を鼻くそほじって
一生社畜人生でも送れば良いと思うのです。

 

過激な文章多いですが、18才以上ならご登録してもOK!

 

メルマガ登録はこちら

 

もちろん、今回のようなコピーライティングについても含んである無料メルマガ商品です!