リライトとSEO

 

こんにちは 有藤です。

 

今回はリライトを中心にして検索順位を上げる方法について書きました。

 

最近の記事には1000字程度のコンテンツだとSEOが弱いです。

与える情報量が少ないとどうしても、具体的な答えを与えている印象が弱くなります。

 

言い方を少し変えると

極端に文字数少ないサイトはユーザーに“情報量が少ない”ってイメージを与えることにはなります。

 

文字は多い分だけ、情報量の提供力が増えます。

 

ここ最近の記事はそれなりにボリュームのある記事が上位表示を独占することば多くなった気がしますが、

 

出来るなら文字数が多い分だけメリットはあります。

 

○ライバルに真似出来ないコンテンツになる

○自分のブランドとなる記事が出来る

○ユーザーにボリュームを与えられる

 

という点です。

 

文字数の少ないサイトは競合しやすいです。簡単に見える文章は、リライトされます。

 

リライトした文章+α で適当な情報を文脈の前後に付け足しとけば

 

コピペだとわからない文章が簡単に作れます。

 

競合されにくいのは、文豪タイプのコンテンツです。

 

“具体的な情報+抽象的な情報”

をミックスしたようコンテンツは

 

予備知識がよほどない限り、リライトしようにも時間がかかりすぎるんじゃないかと思います。

 

多い人は5000字はかくので、ライバルでもせいぜい3000字書ければ良いほうです。

 

たくさんリライトする

 

文字量を多くするのは、リサーチあるのみです。無理矢理文字を掘り起こすのはNGです。

 

「自分の脳みそで全てを解決」するつもりで記事を書いてたらいくら時間があっても足りません。

 

それは、0⇒1 を作り出すようなものでこれは天才でもない限りなかなかアウトプットする難易度は高いことでしょう。

 

話の切り口に迷う

内容のゴールが多い

抽象的なまま終わりそう

オリジナルを理解する人は少なそう

 

我流で書いたようなコンテンツになると思うのでなかなか出来たもんじゃないです。

1⇒10 を作り出すつもりならだれでも出来ます。

 

他人のコンテンツを“リライト”することです。

 

もっと簡単な言い方をすればライバルサイトから知識を吸収することです

 

リライトするコトとは自分なりの解釈を披露することです。

つまり、感想文を書くよりも鮮明に体験したことをアウトプットするイメージです。

 

文字はインプットしてはいけません。

 

知識をインプットするつもりで書いてあることを頭のなかで映像化することです。

 

他人の文章であたかも自分が実際に体験したつもりになりましょう。

 

どんなことがあったのか?

どんな気分になったのか?

どんな匂いがしたのか?

 

体の神経を研ぎ澄ますイメージで知識を頭でなぞり観るような感覚です。

 

実際に体験したことを書くのはとても簡単なことですが

 

何も体験してもないのに記事を作るのがとても大変なものです。

 

小説家は頭で苦しみながら作り話を練っています。体験もしてない経験をイメージで補っていくものですから多少の矛盾は承知です。

 

リライトするのは元ネタからイメージするだけしてそのままアウトプットするように書いていきます。

 

この感覚は、人にもよりますがだいたい2週間もすれば出来るようになるかと思います。

 

抽象的⇒具体的にする

 

ただ悪戯に文字だけ増やしても、あまり中身がなければ意味がありません。

 

抽象的な情報を掘り下げるように書くのが文字数を増やす最も簡単な方法です。

 

ラジオ

 

⇒ メーカー名 サイズ 色 使用する電池
製造年 値段 使用状態 最大ボリューム
etc

 

単語ひとつに掘り下げにかかることです。

 

普通に掘り下げれば、自然とボリュームが増えます。

 

この繰り返ししていれば、掘り下げるのが上手になります。

 

いつもよりも文字数増やす意識を強くもつ

 

良かれと思ってスッキリしたコンテンツを作るといつまでも文字数は増やせないでしょう。

 

抽象的なものを具体的にするのがアフィリエイトならではの仕事です。

 

自分のペースで記事を書いていくとあまり文字数多くならないタイプはあまり物事を多方面的に捉える癖がないかと思います。

 

その癖を作るには文字数を増やす意識が大事になります。

 

コンテンツを作るとは抽象的なイメージを具体的にする癖を習慣化することです。

 

ライバルのサイト観て、知識を吸収するだけでも十分に多角化していると思います。

 

が、

 

文字数増やすのだけに特化するなら

 

一言も二言も多くコンテンツにすることです。

 

文字数多い人のコンテンツを読んでみるとめちゃくちゃ細かく内容を伝えてくるんですよね。

 

故に、接続詞がもの凄く多いので

 

例えて言うなら1~10の数え方は

 

1、2、3、4、5・・・・・・

 

と数えます。

 

がノーマルだとしたら

 

1~10というのは

 

ギリシャ神話で言えば 以下割愛しますなので

 

1という数字は何々の始まりを意味していて~

 

っという風にめっちゃ、詳しく説明をします。

 

こんな詳しく説明しなくてもいいのに説明するから人によっては読んでいて疲れるのかもしれません。

 

ほどほどに詳しく説明してあげるとコンテンツとしての説得力が持てるので最終的にはSEO効果にはなります。

 

文字量の説は人それぞれの理論はありますが2000字で内容があれば十分だと思います。

 

通称 西北コンビ!

西川さんと北恵さんが融合した情報商材を実践しながら
たのしく学べるコミュニティーがございます!
詳しくはこちらをクリック↓↓

 

 

 

 

 

どうも、今日も読んでいただきましてありがとうございます。

 

 

ネットビジネスやそれ以外の個人で出来るお金稼ぎを
知っているだけで

 

 

普通の人よりは機会損失することが
なく目の前でぽっくりお金が振り込まれることがあるのが個人ビジネスのする一番のメリットなんですよね。

 

こうやって自分は副業に関しては情報発信しておりますし
もしも本気で稼ぎたいと思ったのならまずは知識から自己投資出来るだけのものをこちらの講座から仕入れるのも良いことです。

 

お金が欲しいならまずは行動する必要があるし、
ノウハウが欲しいならまずは知っている人から教えてもらう必要があります。

 

めちゃくちゃを言えば、自己中心的にお金を稼ぐことだけ
に集中するのが結局は大きくお金を稼ぐことに特化した人間になれるとだけ言っておきます。

 

大嫌いな仕事仲間や身内にいるK男、そいつらに
何度もネットビジネスの邪魔をされた話もメルマガに配信しております。

 

負の力をエネルギーに変えるのが工藤拓哉の流儀でも
あり、恨みや劣等などは全てエネルギーに変えましょう。

 

僕はそういうことが出来ない奴を鼻くそほじって
一生社畜人生でも送れば良いと思うのです。

 

過激な文章多いですが、18才以上ならご登録してもOK!

 

メルマガ登録はこちら