お悩み系キーワードの使い方

 

こんにちは 有藤です。

 

今回は悩み系キーワードの使い方について説明しようと思います。

 

悩みキーワードを取り扱うサイト・ブログというのは結構デリケートに記事を作るイメージが強いです。

これだけは言い切っていいのですが、深くて狭いキーワードになればなるほど専門性が高くなります。

浅知恵で書いたようなコンテンツはまとめサイトのようなもので間に合っているので専門性をコンテンツに出したほうが

良い反応に取れる傾向にあります。

 

具体的にどんなコンテンツ色を打ちだすのかというと

 

“専門的な情報を知っていそう”

“この人の経験は参考になりそう”

“この人は私と似た経験をしている”

 

そういう記事を作るのは結構時間がかかると思います。

 

悩んでいる人を解消するための言葉使いって、かなりリアルに考えないと問題解決するアドヴァイスを送ることができないんですね。

 

○体験談

○辛かったこと

○他人にはわからない点

 

そういったことを交えて自分の物語を交えてブログに構築していくイメージが強いです。

 

いくらノウハウを買ったところで人間が読むものですし、

 

文脈や流れ、人対人のコミュニケーションの感覚なので経験に勝るものはないと思います。

 

感覚とはかなり抽象的な言葉なので具体化するとすれば、

信頼を得る文章を作ることです。

 

アトピーを解決するブログなら

痛い、かゆい、汚い、グロい、辛い

 

ハゲを解決するブログなら

恥ずかしい、寒い、バカにされる、人に見られたくない

 

そんなキーワードを人から共感されるように使うこと、それ全て“感覚”です。

 

1つの事象に対してどれだけ多くのキーワードを並べられるのかが鍵になってくると思います。

 

ストレート型でガンガンキーワード入れるか

 

テクニック型で要所でキーワードを使うか

 

管理人さんの性格が出てくるので自分が作る悩み系のサイトで何か学べることがあれば取り入れたら何か“感覚”がつかめると思います。

 

6W1Hで文章構成をまとめるように書く

 

人のブログ読むと

“誰を” Who

“いくらくらい” How much

“何を” What

“いつから”When

“どこで” Where

“なぜ” Why

“目的は” What for

 

いわゆる6W1Hを守っている人が多いです。

この基本形は守りましょう。

 

物販アフィリエイト

トレンドアフィリエイト

 

関係なくこの意識があると人から共感を得るコンテンツにしやすいです。

 

“この人なら知識を持っている”と思わせるには、

 

減点法を意識してください。

 

口癖が子供みたい

曖昧な文章が多い

目線が上目線

文章の区切りがつかない

写真がない

関係のない話がある

話にまとまりがない

 

ユーザーは基本“減点法”から読むサイト・読まないサイトを決めることでしょう。

 

文字量の決まりはありませんが、
人から信用勝ち取るために2000文字くらいあれば理想だと思います。

 

アフィリエイトする商品とキーワード

 

初心者が最終的に意識するのが“商品知識”の部分です。

アフィリエイトする商品が決まったときの手順を説明します。

 

1.商品のセールスページを見ます

2.何をターゲットにしているのかを見ます

お客様の声だったり、口コミの年齢層や性別何をキャッチコピーしているのか見ましょう。

 

3.この商品の良さを把握します

4.誰に向けてターゲットするのか決めます

5.アフィリエイトの記事を作成に移ります

 

ざっくり説明しましたが、“商品知識”のある・なしでどこまでセールス出来るのか違ってきますから

 

○自分独自の切り口で何を売りにしているのか

○他のサイトでも紹介されている商品とは違った目線

○素直に思ったこと

 

それを伝えてあげましょう。

 

自分独自の文章に着目してみる

僕の場合は、イメージを伝える方法でライティングをしています。

○○○○○○○○○○○○○○○
○○○○○○○○○○○○○○○○○
○○○○○○○○○○○○。

という一文があったとします。

読む人にただ説明するだけならそのまま文字を書き続けますが、

 

ユーザーに

△△△△△△なんだな。

×××××かよ!

●●●ってイメージか。

 

 

って思わせるように書くようにしています。それを“気付き”って言います。

 

どうしても決め付ける癖が僕にはあるみたいなので、どうしたらそれを改善することが出来るのか工夫した結果が“気付き”を与えることにたどり着きました。

 

あまり偉そうに文章を書くと読んでいる人には

あまり印象には良くないんですね。

 

ユーザーに“不快”だなと思わせないようにするためです。

 

まずは、自分で文章をたくさん作ってみてそれを友人や僕に見せてください。

 

人からどう思われているのか?を客観的に知るのはとても大事なことです。

 

もしあなたがお客さんで家電量販店の店員が“不快”なイメージだったらどう思いますか?

 

他のお店で買ったほうが、良いって思うのが大半だと思います。

 

通称 西北コンビ!

西川さんと北恵さんが融合した情報商材を実践しながら
たのしく学べるコミュニティーがございます!
詳しくはこちらをクリック↓↓

 

 

 

 

 

どうも、今日も読んでいただきましてありがとうございます。

 

 

ネットビジネスやそれ以外の個人で出来るお金稼ぎを
知っているだけで

 

 

普通の人よりは機会損失することが
なく目の前でぽっくりお金が振り込まれることがあるのが個人ビジネスのする一番のメリットなんですよね。

 

こうやって自分は副業に関しては情報発信しておりますし
もしも本気で稼ぎたいと思ったのならまずは知識から自己投資出来るだけのものをこちらの講座から仕入れるのも良いことです。

 

お金が欲しいならまずは行動する必要があるし、
ノウハウが欲しいならまずは知っている人から教えてもらう必要があります。

 

めちゃくちゃを言えば、自己中心的にお金を稼ぐことだけ
に集中するのが結局は大きくお金を稼ぐことに特化した人間になれるとだけ言っておきます。

 

大嫌いな仕事仲間や身内にいるK男、そいつらに
何度もネットビジネスの邪魔をされた話もメルマガに配信しております。

 

負の力をエネルギーに変えるのが工藤拓哉の流儀でも
あり、恨みや劣等などは全てエネルギーに変えましょう。

 

僕はそういうことが出来ない奴を鼻くそほじって
一生社畜人生でも送れば良いと思うのです。

 

過激な文章多いですが、18才以上ならご登録してもOK!

 

メルマガ登録はこちら